So-net無料ブログ作成
検索選択

札幌・次男揺さぶり:後遺症の新証拠提出で弁論再開 [札幌]

生後4カ月の次男を揺さぶって重傷を負わせたとして傷害罪に問われた札幌市厚別区の建設作業員、堤彰吾被告(20)の公判が25日、札幌地裁(熊代雅音裁判官)であった。
判決言い渡しの予定だったが、次男のけがが起訴内容より重いことを示す新しい証拠を検察側が提出。弁論を再開し、11月22日に再度結審する見通し。

»詳細はこちら(パソコン用リンク)



生まれたてってほんとデリケートなんですね。
揺さぶって重傷になるくらいなんですから。
それにしてもこの子の父親は何を考えているのでしょうか?
遊んであげてるつもりだったのでしょうか?
後で苦労するのは自分なのに。。。

まぁどちらにせよ無知は罪です。

その他ニュース
タグ:札幌

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。